ピアノバー

さまざまなアドリブが要求される、ピアノバーのピアニスト

喧騒を忘れさせてくれるピアノバーの魅力

高級クラブの様なピアノバーで、美しい音楽を奏でるピアニストは、場の雰囲気を壊さないような選曲をして演奏します。
またリクエストがあればアップテンポの曲でも、お店の雰囲気を壊さないようなアレンジを、即興で対応してくれる技術も必要です。
そしてお店自体の、あるいは良い雰囲気を作り維持するための、牽引役という意味もありますから、経験豊富なピアニストが望まれます。
もし、素敵なお店で自分のピアノ演奏が受け入れられたのであれば、それはピアニストが天職という事なのかも知れません。

ポップスやジャズなどのピアノ演奏が基本

幼いころはピアノ教室に足繁く通い、クラッシック音楽オンリーで、自宅でもグランドピアノで練習を重ねて来た音大卒が、求められると考える人もいるかも知れません。
しかしピアノバーを訪れるお客さんは、いわゆるクラッシック音楽を聴くために来店する訳ではありません。
お客さんは良い雰囲気の中、ウィスキー等を飲みながら、素敵な音楽に耳を傾け酔いしれたいという思いがあります。
バッハのG線上のアリアなど、曲名こそ分からなくても、何処かで聞いた事があるという有名曲であれば、ピアノバーに集うお客さんや、お店のオーナーにも受け入れられるでしょう。
しかし、演奏出来る曲目がクラッシック音楽だけとなると、敬遠したいとするお客さんや、お店を経営するオーナーが大半です。
音大卒という学歴があれば、アピールポイントにはなる事は確かでしょうが、クラッシックだけという仕事は、見つけるのに時間がかかるでしょう。
ではどうやって、ポップス・ジャズという音楽のスキルを身に付けるかというと、正解は無い模様です。
改めて学校に入り直し勉強する・ジャズ等のグループに声を掛けて仲間に入れて貰い、演奏を通じて技術を習得するなど様々です。
ですから端的に言えば、やる気という一言に集約されます。
そして、これまでには出会えなかった様々な曲を演奏して、技術を身に付けて行きながら、仲間の輪から人脈を広げて行けば、ピアノバーでの仕事も見つかりやすくなるでしょう。

ピアノバーの仕事内容

ピアノバーでの仕事の中には、お客さんからの依頼された曲をカラオケの伴奏として、ピアノで弾く事があります。
この場合、リクエストされた曲のキーと、そのお客さんのキーが同一であれば問題ありませんが、そうでは無い場合は移調が必要です。
お客さんに恥をかかせる事無く、伴奏をするには基本的なスキルと言えます。
これが出来れば、お客さんから認められやすくなり、次回もお店に足を運んで貰える確率は高まるでしょうし、オーナーからの仕事も増えるでしょう。
出来るだけお客さんのオーダーに答えるために、さまざま曲をピアノで弾く場合、時にリクエストされた曲を知らない事もあるでしょう。
その様な場合でも、一先ずお詫びをしてから、たとえば自分も知っている曲を、別のイメージでアレンジメントして弾いて見せるなどの、コミュニケーション能力も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です